【活動報告2017】6月定例議会②「1キロメートルスクエア について」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
[`evernote` not found]

市役所から北へ岡山駅、岡山駅から東へシンフォニーホール、南に下り新市民会館予定地、市役所へ繋いだエリアを1キロメートルスクエアと定義されている。

Q.
1㎞スクエア内で歩道を通行する際、看板などが通行を阻害したり、路面状態が悪いなどの要望や相談はどの程度あるのでしょうか。そのような相談があった場合、どのように対応しているのでしょうか。

――――歩道に関する要望や相談、放置自転車や広告看板の撤去及び路面の不具合の改善に関する要望が多く寄せられている。
要望や相談があった場合には直ちに現地を確認して、設置者へ指導を行ったり修繕を実施するなど適切な対応に努めている。

Q.
1㎞スクエア内の幹線道路の歩道幅は十分な幅が確保できているとの認識なのでしょうか。また、歩道幅の2m以上という基準はどのような理由で決められているのでしょうか。

――――歩道幅は道路構造令を準用した岡山市道路構造等条例において車椅子同士がすれ違うことを考慮して最低2メーター以上と定めている。
1㎞スクエア内の幹線道路の歩幅については、自転車の通行も多いことから最低3メートル以上確保する必要があると考えている。
現在自転車レーンの整備などを進め歩行者と自転車が安全に通行できるよう努めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
[`evernote` not found]

やない弘フェイスブック

やない弘ツイッター

やない弘google+